沖縄方言の由来

近世の時代、薩摩藩が併合したことにより日本の国の一部となったのが今の沖縄県、当時の「琉球王国」の歴史です。
現在でも沖縄県内には日本とは違った文化があったことを思わせるような建造物などが多く残っています。
代表的なものとしては守礼門などがあげられるでしょう。
立地的に日本よりも中国大陸からの文化的な影響を受けやすい場所であり、それらを取り入れたものが多く見られました。

さて、このように元々別の国であった、ということが現在でも見て取れる部分があります。
それが「言語」です。
日本国内だけで見ても様々な方言が存在していますが、中で沖縄の方言というのは飛び抜けて変わっていることはご存知でしょう。
他の方言ならとりあえずなんとなく意味は分かることが多いものの、沖縄の方言だけは知らなければ何を言っているのか聞き取れないレベルのものが多くあります。
そもそも沖縄の人は「沖縄方言」とは言わず「ウチナーグチ」と言うなど、この時点で別の言語体系であることが窺い知れます。
(ウチナーが沖縄のこと、グチが言葉のことです)

この先のページでは実際に現在でも利用されている沖縄方言について紹介します。
これについては「全く日本語と違っている言葉」と「比較的日本語に近いものの意味が違う言葉と」の2つに分類することができます。
この両方について紹介することで、中国と日本、さらには統治時代のアメリカという3つの国から影響を受けた沖縄についてひも解きましょう。



≪注目サイト≫
独特な文化が楽しめる沖縄の旅行ツアーを紹介している旅行代理店です > 沖縄の旅行